くせ毛で悩み続けた結果

私は元々直毛に近い髪質でした。しかし、学生時代に野球部だったことから坊主にしたことがきっかけで、くせ毛に髪質が変わってしまいました。特に前髪のうねりがひどく、寝ぐせ直しやワックスを使用しても、鏡の前ではくるっとした前髪になっていて、イライラの日々でした。

http://biltmorekiwanisclassicrace.com/

美容師さんからは、「パーマにしてみれば?」と言われ、大学生の時に思い切ってパーマにしてみました。しかし、セットがうまくいかず、周りから笑いものにされてしまいました。その後は、縮毛矯正とストレートアイロンで頑張ってみましたが、前髪のボリュームが少なく、スカスカした状態で逆に恥ずかしい感じがしました。

それでも、直毛に近い状態にすることで安心感が生まれたこともあり、継続して使用していました。そんなある日、私は大寝坊をして、起きたままの髪形で登校することになりました。一度、駅のトイレの鏡で髪形を見たのですが、くせがひどくてどうしようと思ったのですが、いざ友人と会って「髪型今日変だよね」と聞くと、「いつもと変わらなくね?」と言われました。その一言で、私の中で何かが吹っ切れた感じがして、そこからくせ毛というものを、1つの自分のポイントとして考えるようになりました。

今現在も私の髪は、くせ毛でありのままの状態で生活しています。くせ毛で悩んでいる方も多いと思いますが、自分が思っているほど意外と周りは気にしていません。あえてありのままの自分を表現してみると違った世界が見えますよ。