部屋の匂いが変わる瞬間

ちょっと飲み物を取りにキッチンへ

ちょっとお手洗いへ

一度出た部屋に戻った瞬間

「あれ?匂いがいつもと違う」

そんな経験はありませんか?

私は以前お付き合いしていた恋人が家に来ていた頃

そんな経験をしたことがあります。

外で会っていた時は全く気にならなかった相手の体臭が

部屋という密室空間に充満すると堪らなく気になって

そういえば外で寒い時に上着を借してくれた時も

嬉しい反面で匂いが気になって早く脱ぎたかったなぁ

そんな過去の出来事を回想してみたり

匂いって気になるまでは何ともないのに

一度気になると

もう気にならなかった頃には戻ることができない

一方で

子持ちのバツイチだった彼には娘がいて

その子は「パパの匂い大好き!」と言っていました

匂いと言うのは一概に”良い・悪い”と区別するものではなく

相性というものがあるんだろうなと学んだ交際でした

プルーストクリーム

結局匂いが気になる=ハグすら躊躇ってしまう

ハグもできない関係というのは

恋愛を育む上で致命的でした

その結果、別れました

(匂い以外にも理由はありましたが笑)

同じ匂いなのに

誰かにとって良い匂いでも

誰かにとって嫌な匂いにもなりうる

タバコや香水、強すぎる柔軟剤もそんなことが多いですよね

「私の匂いは大丈夫?」

と周囲の人に

たまに勇気を出して聞いてみてはいかがでしょうか?