意外と効果アリ!?身体を動かすストレス解消術

仕事や人間関係でストレスを感じた時、私は真っ先に散歩に出かけます。コロナウイルスが猛威を振るうこの時期だとあまり外出すべきではありませんが、少しでも散歩することはストレス解消にとても効果的なんです。たとえば、植物や木々などの緑を見ることで精神的にリラックスできます。

ドクタースティックをレポート!

お部屋に観賞植物を置いている方なら、植物にリラックス効果があることはお分かりいただけるでしょう。また、散歩は第二の心臓とも言われる脚を使います。脳に酸素が運ばれやすくなり、頭の働きが活発になるので感情の整理もしやすくなります。

「ああすればよかったのかな」みたいに解決策が浮かんでくるかもしれません。私は散歩する際、自分の知っている道を毎度散歩するのではなく、故意に通ったことのない道を選んで歩いてみることを心がけています。知らない道を通ると「こんなとこにこんなお店あったんだ」みたいに、今までにない新しい発見ができていい刺激をもらえます。次も散歩したいと思えるので、モチベーションの維持にも役立っています。

肝心のゴールは、散歩の途中にスマホの地図アプリで探すようにしています。

私が住む地域にはやや大きめの川が流れており、その河川敷がお気に入りのスポットなので、そこをゴールにしています。ただ、人によって散歩に使える時間は限られていると思うので、満足したら切り上げるようにしたり、歩く時間や距離をあらかじめ決めておいてもいいかもしれません。ただし、ストレス解消にならないような散歩というのもあります。

テンポの激しい曲は、たとえ好きな曲でも、聴きながら散歩すると緊張感が生じるのでリラックスしづらいです。人通りや交通量の多い地域を歩くのも、気疲れしやすいのでオススメできません。閑静な住宅地を歩いたり、深夜に歩く時間を設定してみたり、音楽は聴かずに景色を眺めることに集中すれば、散歩のストレス解消効果を最大化することができます。ぜひ試してみてください。