中高年の加齢臭について

私は80歳になるシニア男性です。現在は年金生活者ですが、今までの人生経験の中で、とくに「加齢臭」についてコメントします。

プルーストクリームを辛口評価!効果や口コミ体験談まで完全レポート!

嫌な響きを持つ日本語ですが、中高年者にとりますと非常にショックを受けるものです。若い頃は「汗臭い匂い」が代表ですが、これは反面、若さの象徴でもあります。ところが「加齢臭」は年齢を重ねて行くごとに必然的に付いてくるものです。

しかも、「加齢臭」を指摘されるとずいぶん年を重ねたと言う雰囲気を持ってしまいます。

身体の代謝生理上やむを得ないものですが、やはり防御(予防)の必要はあるでしょう。早い人では30歳代で、40歳代になりますと油断できない状況になって参ります。平均60歳定年までは働かねばなりませんし、人との関わり合い方も多く成って参ります。私のような立場では人との関わり合いは少なくなり、さほど「加齢臭」に気を遣うこともありませんが、現役で活躍されている場合は前述しましたが(予防)が日知ようです。

私の現役時代には特に留意していた項目がありました。1)入浴を欠かさない 2.下着は毎日取り換える 3.洋服には軽く消臭スプレ―を書ける 4.少量のコロンなどを使用する 5.ハンケチなども毎日取り換える 以上です。いずれにしましても、「加齢臭」は誰にでも発生するもでありますから「オシャレ・エチケット感覚」で過ごしてゆかねばなりません。年齢を重ねて「加齢臭」を感じさせない素敵な中高年になっていただきたいと願います。