理想的な肌の水分量について

美しく健やかな肌の指標の一つとなる水分量。どの位が理想なのでしょうか。簡単に紹介します。ビューティーオープナージェル

 肌の水分量とは肌の一番表面の角質層に含まれる水分量の事です。この角質層の厚さが0.02㎜で、食品用のラップフィルムと同じぐらいの厚さです。この薄い層の中に、角質細胞が10層ほど重なっています。角質細胞の中には、NMFと呼ばれる天然保湿因子があり、角質細胞自体はコーニファイドエンベローブという膜につつまれています。また角質細胞を埋めるように細胞間脂質が存在します。

 NMFとコーニファイドエンベローブ、細胞間脂質た皮脂膜の4つの要素の角質層の水分量をキープするのに大切な働きをするのがバリア機能です。

肌の水分量は20~30%が健康的だと言われています。水分量は外気の湿度にも大きく影響を受けるので乾燥したところでは水分量が減り肌も乾燥しやすくなります。

 肌の水分量が低下する原因は、バリア機能が低下している事です。低下すると肌の中の水分が体外に逃げやすくなり、乾燥するだけでなく肌荒れも起こしやすくなります。バリア機能が正常に働いていれば肌内部の水分をしっかり肌にとどめておくことが出来ます。

以上になります。肌の水分量を気にしながらしっかりとケアしましょう。