小豆の栄養効果を紹介します。

納豆や豆腐など大豆製品が健康に良い事はよく知られています。ダイエット目的で積極的に食べている人もいると思います。納豆に味噌汁などは和食の定番でもありますね。昔の人は大豆製品が体に良い事を、経験として知っていたのかもしれません。

ととのうみすとの効果を徹底検証!購入して3ヶ月使用した私の口コミ評価!

しかしながら、いくら体に良いからとそればかり食べたら栄養バランスが崩れます。結果として健康によくない食事になってしまいます。カロリーが低いからと肉や揚げ物を食べたら痩せるどころの話ではありません。

一方大豆に似たものに小豆があります。大きいか小さいかの違いですが、小豆にも健康に良いとされる効果がありますよ。簡単に紹介します。

まずビタミンB1・B2が含まれます。この二つはいずれも摂取した糖質をエネルギーに変えてくれます。即ち脂肪がつきにくい体作りを助ける役割を果たします。

また、不溶性食物繊維を豊富に含むそうです。便秘を改善出来、有害成分を溜め込まずに済むのです。

このほかに赤ワインに含まれるポリフェノールも含まれます。ワインとは違ってアルコールが入っていないのでお酒に弱い人や子供も摂る事が出来ますね。

小豆にはほかにカリウムや亜鉛、サポニンなどが含まれます。カリウムとサポニンが含まれるので強力な利尿作用があり、女性ホルモンのバランス調整に欠かせないイソフラボンをも摂取出来ます。